プリザーブドフラワーを学ぶ

プリザーブドフラワーをよく知ろう

プリザーブドフラワーはいつ頃からどこで作られたの?

プリザーブドフラワーはいつ頃からどこで作られたの? プリザーブドフラワーは枯れない花として有名です。
インテリア雑貨として部屋を華やかにしてくれたり、プレゼントに贈っても喜ばれます。
このプリザードフラワーは、どこでいつ頃作られるようになったのか、知らない方も多いかと思います。
プリザーブドフラワーが最初に作られたのは1970年代の後半になります。
ヨーロッパの大学で研究開発をされて、後の1991年にパリで発表されました。
日本に入ってきたのは、1993年頃となります。
まだまだ歴史は浅いですが、プリザーブドフラワーの人気は広まり、現在では日本でも作っている方が沢山います。
生花のようなお花の色と形が、一番綺麗な状態で保存することが出来ます。
生花は水やりなどのお世話をしても、残念ながら寿命があり、いずれ枯れてしまいます。
それに比べて、いつまでもお花の綺麗な時を、大切な思い出として残しておくことが出来るプリザーブドフラワーは、とても魅力のあるお花だと思います。

どのような用途でプリザーブドフラワーは使われてる?

プリザーブドフラワーとは、「保存」という意味で、水やりの必要がない加工花のことです。
保存状態が良ければ、数年から数十年、美しさを保つことができます。
生花の色素を抜いたあと、特殊な染料を吸わせて作ります。
プリザーブドフラワーは、ドライフラワーや造花と異なり、色鮮やかでソフトな風合いに仕上がるため、生花の感覚でアレンジできます。
生花とは違い、長期間楽しめることから、ずっと思い出に残しておきたい、記念日やウェディングなどの用途に適しています、ご高齢の方で仏花のお手入れに負担を感じている方や、軽量な特徴を生かして胸元に飾るコサージュやウエディングブーケにもおすすめです。
デリケートなため、取り扱いに注意が必要です。
フレームに入れたり、ドーム型のケースでカバーしたアレンジメントなら、汚れを気にすることなく飾ることができます。
アレンジメントのレッスンでオリジナルの作品を作る、上質なアレンジをプロにお願いする、プリザーブドフラワーのデザインは作る人で無限に広がります。