プリザーブドフラワーを学ぶ

プリザーブドフラワーをよく知ろう

プリザーブドフラワーを箱で飾る利点

プリザーブドフラワーを箱で飾る利点 プリザーブドフラワーはすぐに枯れてしまう生花と違い、上手に保管すれば、ずっと美しいままで何年も飾っておくことが出来ます。
特に、贈り物や記念に頂いたものは贈られた方の気持ちも込められているため、長く残しておきたいと思うものです。
最近では結婚式や母の日などの電報と一緒にプリザーブドフラワーを贈られる方が増えてきています。
その場合、たいてい、おしゃれな紙の箱か透明なアクリルケースに入って届くことが多いです。
箱そのものもデザインとして機能しているため、そのまま飾っておいてもお部屋のちょっとしたインテリアとして楽しめます。
また、箱に入れたままの状態の方が花をほこりや湿気からも守ることが出来、ケースなしで飾るよりも長持ちさせることが出来ます。
自分で綺麗な箱を用意し、頂いたプリザーブドフラワーをリボンなどの小物を使って、オリジナルにアレンジすることも出来るので、さらに楽しめます。
プリザーブドフラワーは見て楽しむだけでなく、作っても楽しめるのがよいところです。

プリザーブドフラワーを写真立てと一緒に飾る

インテリア感覚で写真立てを飾る方も珍しくありません。
金属やプラスチックなどの素材で作られる事が多いですし、長方形をしている物が多い事から、無機質な印象になってしまいがちです。
そのような時に、写真立てにプリザーブドフラワーを加えれば、華やかで柔らかい印象を演出する事が可能です。
プリザーブドフラワーは、フレッシュな花とは違い、水が不要なので写真と一緒に安心して飾る事ができますし、水分が無いので軽量化を実現しています。
プリザーブドフラワーは、直射日光などの強い光に当たる事に注意して飾れば、色あせの心配なく長期間美しい姿のままを楽しむ事ができます。
思い出の花を、思い出の写真と一緒に飾る事ができるので、写真立てだけを飾るだけよりも、より思い出を鮮明に思い出す事ができますし、華やかな雰囲気になります。
手入れが不要なので、プレゼントとしても人気があるプリザーブドフラワーと写真立てを一緒に贈ると更に喜んでもらえるかもしれません。